異なった発想を持つ人材による専門領域を越えた総合的調査研究活動・新世代を担う人材の育成・人類社会への貢献

ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute.ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute

沿革

「無名会時代(1971~1986年)」

3人の発起人、服部一郎氏(セイコー電子工業社長)、原禮之助氏(セイコー電子工業社長)、和田昭允氏(東京大学名誉教授)の時代認識と活動アイディアから始まりました。
 これからは大学の研究、会社の技術開発、そして企業経営も広い知識が必要で、技術は縦割りではなく横にも広げ、更には人文社会科学など別の分野の視点も持ちたい。
 そのために、広い人間関係とコミュニケーションを確立しようと、1~2ヶ月に1度、いろいろな分野のユニークな人の話を伺い、議論するという活動を続けました。

「新世代研究所(1986~1993年)」

無名会時代の活動を組織的に行うために、セイコー電子工業が第三者機関「新世代研究所」を設立し、初代理事長向坊隆氏(元東大総長)、専務理事内山哲夫氏(セイコー電子工業常務取締役)、理事伊達宗行氏(大阪大学名誉教授、現理事長)らが加わりました。
議論のできる常設場所の提供や、より広い分野からより多くの人材に集まってもらうために、各種の研究助成をはじめ交通費や宿泊費などの援助などを開始しました。
活動領域は、科学技術に絞り、また若手の人材育成という考えを入れました。
研究会、委員会、勉強会、教養講座と活動を組織化し、自由な発想を促し高く広い視点から、新しいコンセプトを作り出して行くことを目指しました。

「財団法人新世代研究所(1993~2012年)」

今まで以上に社会的存在意義のある活動をしたいとの関係者の熱意により、1993年6月文部省認可の財団法人を発足させました。
1997年に原禮之助氏が第2代、2003年には伊達宗行氏が第3代理事長に就任し、これまでの活動の伝統に加え、アカデミックな大学や研究所の活動と産業/企業の活動とのインターフェースとしての役割、高くて広い視点からの人脈形成と若手人材の育成を、より強く意図するようになりました。

「公益財団法人新世代研究所(2012年~ )」

政府の公益法人改革に沿い、2012年4月内閣府認定の「公益財団法人」に生まれ変わり、評議員会・理事会・監事会という内部統制体制、また基本財産・特定資産・運用財産という財産管理体制が、より組織的に整備されました。
現在、各研究会活動は第8期24年目を迎え研究委員は80名、研究助成金は累積で298件、国際会議開催・共催は30回、公益フォーラム開催は39回を数えています。
さらに研究会委員の3人が文部科学省科学研究費新学術領域研究に採択され領域代表になる、当財団の推薦により2名が文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞する、関係者がNEDO・JSTなどの大型研究プロジェクトを獲得する、などいろいろな形で大きな成果がでてきています。

 

※新世代研究所の運営資金は、設立時より一貫して全額セイコーインスツル株式会社(元セイコー電子工業)によって賄われています。

セイコーインスツル(株)