異なった発想を持つ人材による専門領域を越えた総合的調査研究活動・新世代を担う人材の育成・人類社会への貢献

ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute.ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute

界面ナノ科学研究会 (2018年~2020年)

委員長 柴田 直哉(東京大学大学院工学系研究科教授)

 

●研究会コンセプト

基板と薄膜、そして界面

界面における現象の理解と その制御は、材料、デバイス、    バイオなど様々な分野における キーテクノロジーとしてますます重要性が増している。最近では、原子・電子レベルで界面構造を  詳細に計測する手法や界面電子  状態を精緻に予測する計算科学 などの進展が目覚ましく、新奇な現象の発見や界面を積極的に応用したデバイス開発などが数多く 報告されている。しかし、界面科学のフロンティアはまだまだ未踏・未開拓の領域が数多くあり、     多くの研究者を魅了してやまない。
本研究会では、広くナノ界面科学をキーワードとして、様々な分野の気鋭の若手研究者を集め、    ナノ界面を切り口とした新たな科学分野の潮流を生み出すことを目指す。界面をキーワードするとき、必然的に学際的なメンバーが集うこととなるため、普段密接な交流をもたないメンバー間の”界面”に積極的に”反応”を起こさせることで、本研究会オリジンの新たな研究フロンティアの開拓にも  挑戦したい。また、社会と研究者の今日的な関わり方に関しても議論し、これからのあるべき科学者像についても意見交換したい。

界面ナノ科学研究会(2018-2020)の先頭に戻る

●会員名簿

(委員長) 柴田 直哉 東京大学大学院工学系研究科  
(会員) 一杉 太郎 東京工業大学物質理工学院  
  高橋 琢二 東京大学生産技術研究所  
  森田 清三 金沢大学ナノ生命科学研究所  
  大友 明 東京工業大学物質理工学院  
  戸川 欣彦 大阪府立大学工学研究科  
  陰山 洋 京都大学大学院工学研究科  
  村上 修一 東京工業大学理学院  
  安藤 康伸 産業技術総合研究所
機能材料コンピューテショナルデザイン研究センター
 
  千葉 大地 東京大学工学系研究科  
  福間 剛士 金沢大学ナノ生命科学研究所  
  金沢大学理工研究域電子情報学系  
  塩見 淳一郎 東京大学大学院工学系研究科  
   

2018年4月現在

界面ナノ科学研究会(2018-2020)の先頭に戻る

 

●開催状況

2018年度

2019年度

2020年度

界面ナノ科学研究会(2018-2020)の先頭に戻る

●活動実績

第9期
・2018年度

界面ナノ科学研究会(2018-2020)の先頭に戻る

第9期研究会選択画面に戻る