異なった発想を持つ人材による専門領域を越えた総合的調査研究活動・新世代を担う人材の育成・人類社会への貢献

ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute.ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute

スピントロニクス研究会 (2018年~2020年)

委員長 齊藤 英治(東京大学工学系研究科教授)

 

●研究会コンセプト

スピントロニクス研究会

スピントロニクスは、磁気の自由度と電流を  ナノテクノロジーによって結びつけることによって進展し、磁気メモリなど新しいテクノロジーを生み出す一方で、スピンホール効果、逆スピン   ホール効果、スピンゼーベック効果、スピンペルチェ効果、純スピン流誘起磁化反転、絶縁体へのスピン注入、スピン起電力など、ナノスケールの領域で発現する数多くの新現象をもたらした。  最近では、スピンダイナミクスや磁気応答の    非線形性を利用した人工脳型素子・機械学習    デバイスへの応用や、微小構造メカニクスへの  応用の研究も始まっており、物性科学やエレクトロニクス、ナノメカニクス、流体科学を横断する新しい学術が形成されつつある。
本研究会では、日本のスピントロニクス研究の中心メンバーが集まり、スピントロニクス緒現象を   最新の物理的知見と材料科学、ナノテクノロジーの視点から深く議論し、最終的には新しいスピントロニクス機能を提言することを目標とする。

スピントロニクス研究会(2018-2020)の先頭に戻る

●会員名簿

(委員長) 齊藤 英治 東京大学大学院工学系研究科  
(会員) 大谷 義近

東京大学物性研究所

 
  前川 禎通 理化学研究所創発物性科学研究センター  
  小野 輝男 京都大学化学研究所  
  新庄 輝也 京都大学 名誉教授  
  永長 直人 理化学研究所創発物性科学研究センター  
  白石 誠司 京都大学大学院工学研究科  
  水上 成美 東北大学材料科学高等研究所  
  多々良 源 理化学研究所創発物性科学研究センター  
  大岩 顕 大阪大学産業科学研究所  
  村上 修一 東京工業大学大学院理工学研究科  
  新見 康洋 大阪大学大学院理学研究科  
  鈴木 義茂 大阪大学大学院基礎工学研究科  
  家田 淳一 日本原子力研究開発機構先端基礎研究センター  
  関 真一郎 理化学研究所創発物性科学研究センター  
  介川 裕章 物質・材料研究機構磁性・スピントロニクス材料研究拠点  
  深見 俊介 東北大学電気通信研究所  
   
2018年4月現在

スピントロニクス研究会(2018-2020)の先頭に戻る

 

●開催状況

2018年度
・ 第1回: 2018年5月7日(東京)

2019年度

2020年度

スピントロニクス研究会(2018-2020)の先頭に戻る


●活動実績

第9期
・2018年度

スピントロニクス研究会(2018-2020)の先頭に戻る


第9期研究会(2018-2020)画面に戻る