異なった発想を持つ人材による専門領域を越えた総合的調査研究活動・新世代を担う人材の育成・人類社会への貢献

ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute.ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute

ナノカーボン研究会 (2015年~2017年)

委員長 片浦 弘道(産業総合研究所ナノ材料研究部門首席研究員)

 

●研究会コンセプト

 
ナノカーボン研究会

炭素材料としては、sp3固体のダイヤモンドとsp2固体のグラファイトが古くから知られているが、20世紀末からフラーレン(0次元)、ナノチューブ(1次元)、グラフェン(2次元)等、ナノカーボン材料の発見が相次いだ。これら、構造柔軟な2次元ネットワークを基本とする材料系では、ネットワーク次元の    変化に伴う物性の質的な変化が期待され、重点的にその物性研究が進められてきた。近年では炭素   材料にとどまらず、遷移金属ダイカルコゲナイド系をはじめとする新たな原子層材料にも広がりを  みせ、さらにそれら原子層を自在に組み合わせるヘテロ接合系では、無限ともいえる新材料系の構築が可能になりつつある。ナノカーボン研究会では、これらナノカーボン材料をはじめとする魅力的な低次元ナノ材料に焦点をあわせ、その基礎物性の理解から応用技術展開まで広く調査研究を行い、   科学・技術の発展への貢献を目指す。本分野のエキスパートである構成委員による議論だけで無く、若手研究者を交えた合宿形式の研究会を開催することにより、通常の学術集会では得られない熱い  議論と深い理解の機会を提供するとともに、若手研究者育成を目指す。

ナノカーボン研究会(2018-2020)の先頭に戻る

●会員名簿

(委員長) 片浦 弘道 産業技術総合研究所ナノ材料研究部門  
(会員) 齋藤 理一郎 東北大学大学院理学研究科  
  遠藤 守信 信州大学エキゾチック・ナノカーボンの創成と応用プロジェクト拠点  
  榎 敏明 東京工業大学 名誉教授  
  斎藤 晋 東京工業大学理学院  
  北浦 良 名古屋大学大学院理学研究科  
  湯田坂 雅子 産業技術総合研究所ナノチューブセンター  
  本間 芳和 東京理科大学理学部  
  佐々木 健一 NTT物性科学基礎研究所量子光物性研究部  
  若林 克法 物質・材料研究機構国際ナノアーキテクトニクス研究拠点  
  丸山 茂夫 東京大学大学院工学系研究科  
  大野 雄高 名古屋大学未来材料・システム研究所  
  宮田 耕充 首都大学東京理学部  
  田中 丈士 産業技術総合研究所ナノ材料研究部門  
  大淵 真理 (株)富士通研究所  
   
2018年4月現在


ナノカーボン研究会(2018-2020)の先頭に戻る

●開催状況

2018年度

ナノカーボン研究会(2018-2019)の先頭に戻る

●活動実績

第7期
 ※2014年度以前の研究報告書がほしい方は事務局まで

第8期
・2015年度 < 
活動報告書 >
・2016年度 < 活動報告書
・2017年度


ナノカーボン研究会(2018-2019)の先頭に戻る

第9期研究会選択画面に戻る