異なった発想を持つ人材による専門領域を越えた総合的調査研究活動・新世代を担う人材の育成・人類社会への貢献

ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute.ATI -公益財団法人 新世代研究所- Foundation Advanced Technology Institute

バイオ単分子研究会

委員長 渡邉 力也 (理化学研究所 主任研究員)

●研究会コンセプト

バイオ単分子研究会

生体内には核酸や酵素などの様々な生体分子が存在し、これらの機能によって生体内の恒常性が維持されている。生体分子の機能の破綻はともすれば細胞の機能の異常に直結し,更には疾患の原因となっている。すわなち、生体分子の機能を正しく理解することは、生命機能の理解にとどまらず、疾患やその治療法に関する新知見を与えうる重要な鍵となる。この背景を受け、近年、生体分子の極限計測である「単分子計測」が再注目されている。単分子計測の特徴は、感度・精度の高さにあり、次世代DNAシークエンサーや超解像顕微鏡などの核心技術として採用されている。そのため、従来技術では不可能であった様々な生体分子の機能や構造に関する新知見がもたらされ、「単分子計測」により新しい生物学の潮流が形成されつつある。そこで、本研究会では、工学・化学・物理学・生物学の異分野に属する若手研究者が集まり、革新的な単分子計測技術の開発から、それらに立脚した生体分子の機能発現機構の解明に至るまで包括的に議論する場を提供するとともに、我が国から「バイオ単分子研究」の新基軸を提示することを目標とする。

●会員名簿

(委員長) 渡邉 力也 理化学研究所 開拓研究本部  
(会員)   岡崎 圭一 分子科学研究所 計算科学研究センター  
  Soo Hyeon Kim 東京大学 生産技術研究所  
  久保 稔 兵庫県立大学大学院 理学研究科  
  古賀 信康 分子科学研究所 協奏分子システム研究センター  
  古寺 哲幸 金沢大学 ナノ生命科学研究所  
  小松 徹 東京大学 薬学系研究科  
  曽和 義幸 法政大学 生命科学部  
  中村 彰彦 静岡大学 農学部応用生命科学科  
  西増 弘志 東京大学 先端科学技術研究センター  
  藤田 大士 京都大学 高等研究院  
  柳川 正隆 理化学研究所 開拓研究本部  
 

2021年4月現在